コンプレックスをなくす

グラフ

日本人の多くは中学生から高校、さらには大学に至るまで英語教育を受けていますし、近年では幼稚園や小学校でも英語教育を取り入れているほどです。しかし、英語能力指数は他の国に比べてかなり低くて、同じアジア圏の中国や韓国にすらも劣っているのが現状となっています。その原因の一つに、英語に対するコンプレックスが強いことが挙げられており、頭に英単語や英文法を叩きこんでも委縮してしまって、それを活かしきれないまま忘れてしまうケースが少なくありません。でも、プロジェクト2020では、そのコンプレックスを極力なくすような工夫がされているのです。まず、コンプレックスを持つ人は複雑に考える思考パターンに陥ってしまいがちですが、プロジェクト2020ではシンプルなフレーズを多用しています。世界各国どの言語もシンプルなフレーズの組み合わせになりたっていますが、まずそれを徹底的に身に着けることで自然と英会話に深みを増していくことができるわけです。そのため、多くの人々は今までと違うマスターの仕方をしているため、配信される動画を見て驚かれます。このプロジェクト2020が配信する動画は費用ゼロでメルマガ登録することで視聴することができます。もしも、今まで様々な英会話教室や教材を活用しても英語をマスターできなかった人は、一度プロジェクト20202を利用して見ると良いでしょう。

中学生レベルの英語力があれば十分

先生と生徒

プロジェクト2020はシンプルなフレーズを習得することをメインとしているため、必要とされる学力は中学生で習う英語能力ほどあれば良いと言われています。高校生になって英語に妥協したと言う人であっても、中学生レベルの文法や英単語を覚えていれば十分です。ただ、大人になって中学校で習った英語をほとんど忘れてしまったという人は、それほど心配することはありません。最初は少し苦労するかもしれませんが、費用ゼロで配信される動画を繰り返し視聴していくことで、中学生に習った内容を思い出してくるものです。そのため、高校生以上の人ならばプロジェクト2020をほとんど抵抗なく利用することができるでしょう。逆に小学生や幼稚園で英語を身に付けさせるために利用するのは少し不向きではあり、中学生が利用するのはケースバイケースで異なってきます。基本的には、内容そのものは難しくはないものの大人向けの英語教材として利用した方が良いでしょう。

広告募集中